BLOG

パナソニックの太陽光発電[HIT]|広島県福山市のサンルーフ富士

2014年11月17日

一貫生産によるクオリティの高い製品をご家庭に・・・

パナソニックの太陽光発電[HIT]のご紹介です。

WS000459

パナソニックはインゴットからセル、モジュール、さらにパワーコンディショナのほか、システム機器まで
自社製造する世界でも希少なメーカー。
材料の品質も、製造・組み立てのノウハウも、すべて知りつくしているので、あらゆる工程でクオリティを
高められます。

 

WS000371

“発電量トップクラスのHIT※”

※国内の住宅用太陽光発電システム業界において。当社調べ。

 

 

⦅発電量トップクラスのヒミツ⦆

<より多く光を取り込み、より多く電気を発生>

WS000372

 

 

<太陽電池が苦手な暑い日でもしっかり発電>

WS000373

 

 

<日射量に応じて効率よく電気を変換>

WS000374

 

 

<限られた屋根面積でもたっぷり発電>

WS000375

 

 

<モジュール枚数を減らせて家への負担を軽減>

WS000376

 

 

<ウォータードレスインコーナーで、汚れがたまりにくい>

WS000377

 

 

⦅太陽光を大量に取り込む技術⦆

<ガラスの反射を減らして太陽光を内部へ吸収>

WS000379

 

 

<キレイなピラミッド構造のシリコン表面で太陽光を吸収>

WS000385

 

 

<タブを細くして太陽光を吸収>

WS000384

 

 

⦅HITシリーズはモジュール出力20年保証⦆

HITは、設置いただいた後の保証も充実。太陽電池モジュールの出力を20年間保証。
クオリティに自信があるからこその長期保証です。

HITは発電性能もクオリティも、常に世界のトップを目指しています・・・

 

HITの詳しい内容やその他の太陽光発電の事など、お気軽にご相談ください!!

広島県(福山市など)で、屋根リフォーム、確実な雨漏り補修、太陽光発電などのことなら、
広島県福山市のサンルーフ富士におまかせください!

 

 

 

太陽光発電システムと屋根について|広島県福山市のサンルーフ富士

2014年9月10日

『太陽光発電システムは屋根に設置するもの』 ですが、

屋根といってもその形状は実に様々です。

切妻、寄棟、入母屋、陸屋根など形状も様々ですし、屋根の面積も異なります。
また、屋根が向いている方向(角度)もあります。

太陽光発電に向いている屋根とは・・・?

太陽光

 

基本的には、日当たりの良い「南側」が良いとされています。

また、角度はかなり大きな影響を与えますが、光の当たりやすさから角度(勾配)
は30度がベストといわれています。

南向き:100%
南東・南西:95%
東向き・西向き:85%
北向き:65%

数値は概算です。
南向きを100とした場合の他の方角別の発電効率です。

一般的には、南向きがベストですが、多少角度が違うくらいならOKという
場合が多いです。

基本的には南向きの屋根に設置ですが、どうしても量が足らない場合には
東や西を追加するというケースもあります。

太陽光発電システムの発電量は基本的に「システム量」で変わります。

太陽光発電システムを導入する場合に経済的なのはできるだけ多くのシステム
量を屋根にのせる事です。

そのため、太陽光発電に適した向き(方角)の屋根にどれだけの面積
(太陽光パネルの設置スペース)があるかが重要となります。

ここで、関係してくるのがメーカー別の屋根の発電効率です。

太陽光発電システムには「単結晶」「多結晶」「HIT」など様々なタイプがあり、
それぞれで発電効率が異なります。

コストパフォーマンスの良い「多結晶シリコン太陽電池」がオススメすることが
ありますが、屋根が狭い場合で出力が小さい場合や南側以外の面に太陽電池を設置
しなければならない場合には、単結晶シリコン、HIT太陽電池の方が経済的にいい場合が
あります。

 

“それぞれのご家庭に合った、太陽光発電システムのご提案をいたします”

ご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください!

広島県(福山市など)で、屋根リフォーム、確実な雨漏り補修、太陽光発電などのことなら、
広島県福山市のサンルーフ富士におまかせください!

屋根がもつ役割とは…?|広島県福山市のサンルーフ富士

2014年8月23日

私たちが知っているようで知らない、屋根の役割についてのご紹介をします。

“屋根は外壁と共に、私たちの住居を守るため、重要な役割を果たしています”

普段、つい見落としがちになる部分でもありますが、長く使うためにも点検や
メンテナンスも必要です。

m09-1

 

『自然環境から住居を守る』

冷気・熱気などの気温、紫外線、雨や雪、台風などによるダメージを回避
屋根は雨や雪、風などが建物内に侵入するのを防ぎます。
そのため、屋根の防水性が低くなってくると、雨漏りや建物の躯体にカビが生える
原因になり、屋根の機能を果たせなくなります。

 

『屋根は太陽光を最も受ける場所にあるため・・・』

紫外線にも対応できなければなりません。
屋根の塗装が、太陽光や紫外線に弱いものであると、数年で劣化してしまう可能性が
ありますので、屋根の塗料はとても重要になります。

 

『建物の外からみた場合・・・』

屋根や外壁は、一番目につく、また個性を表現する部分であり、
デザイン性も重要視されます。
建物全体でみた場合、特に屋根は建物のアクセントとして色や形を変えやすい部分に
なります。

 

『早めの点検・早めの修理を・・・』

メンテナンス方法もそれぞれ異なります。
瓦葺き、スレート、鉄板、銅板、コンクリートなどがありますが詳しくは屋根の専門家に
相談する事をおすすめします。
また、瓦葺きにも素材によって色々な瓦があるため、地域性や自分の好み、メンテナンスの頻度
など、詳しい内容を知った上で、条件に合ったものを選択すると良いでしょう。

使用している屋根材や塗料などによって耐用年数は異なりますが、そこに達していなくても問題
が生じている場合、早めの点検・修理が必要となります。

 

屋根の事でお困りの事やご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

広島県内で、瓦葺き替え、屋根リフォーム、雨漏り修理、太陽光発電等のことなら、
広島県福山市のサンルーフ富士におまかせください!

サンルーフ富士を宜しくお願い致します。

2014年7月20日

これから少しずつですがBLOGを更新していきます。
サンルーフ富士を宜しくお願い致します。

広島・岡山で屋根と言えば「サンルーフ富士」
PAGE TOP

Copyright © サンルーフ富士. All Rights Reserved.